新潟県妙高高原 赤倉温泉/ホテル金甚スキーデモンストレーター金子裕之の宿

温泉イメージ
源泉掛け流しの湯

当館の温泉は「湯の華混じり」の「本物の源泉掛け流しの湯」です。
赤倉温泉の湯には「湯の華」と呼ばれる白や黒の物質が混ざっていることがあります。これは、効能成分を多く含んだ温泉に見られる特有の現象です。温泉に溶解している効能成分が、温度変化により固形化するもので、“効能の素”であり、“本物の温泉の証”といえます。本物の源泉掛け流し温泉を全身でお楽しみください。

桶
男性風呂
女性風呂
赤倉温泉の泉質と効能

赤倉温泉の湯は、2つもの泉質を併せ持った貴重な名湯です。
源泉は、日本百名山「妙高山」より引湯しており、源泉温度・源泉からの距離・適度な勾配により、浴槽に満たされるともっとも気持ちのよいと言われる42℃前後になるのです。

■源泉名:北地獄谷
■泉質:炭酸水素塩泉・硫酸塩泉
■お湯の色:無色透明
■効能:神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・くじき・慢性消化器病・冷え性・動脈硬化・うちみ・皮膚病など

温冷交互浴イメージ
温冷交互浴

①普段どおり、体を綺麗に洗ったあと、体の芯まで温まるよう、肩までしっかり浸かります。
②体が温まったあとは、冷たいシャワーの水を足に30秒~1分ほどかけます。
③その後、また温泉に3分ほど浸かり、出たあとに冷たいシャワーの水を足にかけます。

①~③までの流れを3、4回繰り返すことで、足全体がポカポカになり、足が軽くなったようになります。
スキーやスノボ、トレッキングなどスポーツで疲れた足を癒すために、一度お試しあれ!

温泉ソムリエについて

赤倉温泉には、「温泉ソムリエ」を認定する制度があります。
フランス料理のソムリエがワインの知識を持つように、温泉ソムリエは温泉の基礎知識と正しい入浴法を身につけ、お客様のご質問にお答えします。温泉ソムリエになるということは、温泉入浴アドバイザーになるということです。当館のオーナーと若女将も温泉ソムリエの資格を持っていますので、お客様に適切な入浴法をご紹介します。皆様も、温泉ソムリエを目指してみてはいかがでしょう。
[温泉ソムリエホームページ]

温泉ソムリエ認定書
おすすめプラン